新装版 間宮林蔵

講談社文庫
シンソウバンマミヤリンゾウ
  • 電子あり
新装版 間宮林蔵
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

19世紀初頭、世界地図の中で樺太は唯一謎の地域だった。樺太は島なのか、大陸の一部なのか。樺太調査に挑んだ間宮林蔵は、苛酷な探検行の末、樺太が島であることを確認する。その後、シーボルト事件に絡んで思いがけない悪評にさらされ、さらには幕府隠密として各地を巡った、知られざる栄光と不運の生涯を克明に描く。(講談社文庫)


19世紀初頭、世界地図の中で樺太は唯一謎の地域だった。樺太は島なのか、大陸の一部なのか。樺太調査に挑んだ間宮林蔵は、苛酷な探検行の末、樺太が島であることを確認する。その後、シーボルト事件に絡んで思いがけない悪評にさらされ、さらには幕府隠密として各地を巡った、知られざる栄光と不運の生涯を克明に描く。

製品情報

製品名 新装版 間宮林蔵
著者名 著:吉村 昭
発売日 2011年10月14日
価格 定価 : 本体900円(税別)
ISBN 978-4-06-277077-4
判型 A6
ページ数 512ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1987年1月に講談社文庫より刊行された。

著者紹介

著:吉村 昭(ヨシムラ アキラ)

1927年東京生まれ。学習院大学国文科中退。'66年『星への旅』で太宰治賞を受賞する。徹底した史実調査には定評があり『戦艦武蔵』で作家としての地位を確立。その後、菊池寛賞、吉川英治文学賞、毎日芸術賞、読売文学賞、芸術選奨文部大臣賞、日本芸術院賞、大佛次郎賞などを受賞する。日本芸術院会員。2006年79歳で他界。『三陸海岸大津波』『関東大震災』『陸奥爆沈』『破獄』『ふぉん・しいほるとの娘』『冷い夏、熱い夏』『桜田門外ノ変』『暁の旅人』『白い航跡』など多数の著書がある。

オンライン書店で見る