バベルの末裔

講談社文庫
バベルノマツエイ
  • 電子あり
バベルの末裔
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

人間の意識はどのように生まれるのか? その謎は解明されないまま、PPC(パンパシフィックコンピュータ)社のニューロン型コンピュータに意識が発生した。死者であれモニターを通して永続的にコミュニケートできるという画期的な技術は、開発者の思惑を超えて暴走を始める。近未来サスペンス長編。


果たして人間が意識を生み出すことは許されるのか?

「このシャドウは何者なのでしょうか」
「色・受・想・行・識の五蘊が集まってできたものであれば、それは人間じゃ」
――乱歩賞作家が人間存在の本質に迫った問題作

人間の意識はどのように生まれるのか? その謎は解明されないまま、PPC(パンパシフィックコンピュータ)社のニューロン型コンピュータに意識が発生した。死者であれモニターを通して永続的にコミュニケートできるという画期的な技術は、開発者の思惑を超えて暴走を始める……。近未来サスペンス長編。

※この作品は、2008年5月に扶桑社より刊行された『2022年の影』に加筆・修正し、改題したものです。

製品情報

製品名 バベルの末裔
著者名 著:赤井 三尋
発売日 2011年11月15日
価格 定価 : 本体695円(税別)
ISBN 978-4-06-277065-1
判型 A6
ページ数 416ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2008年5月に扶桑社より刊行された「2022年の影」に加筆・修正し、改題したもの。

オンライン書店で見る