誘拐児

講談社文庫
ユウカイジ
  • 電子あり
誘拐児
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

終戦翌年の夏、5歳の男の子が誘拐された。≪使い古しの新圓(しんえん)で百萬圓を用意しろ。場所は有楽町カストリ横丁≫という脅迫状に従い、屈強な刑事たちが張り込むなか、誘拐犯は子どもを連れて逃げてしまう。そして15年後、とある殺人事件をきっかけに、再びこの誘拐事件が動き出す。第54回江戸川乱歩賞受賞作。(講談社文庫)


終戦翌年の昭和21年夏、実業家の子息で、5歳になる男の子が東京・成城の自宅前から誘拐された。やがて、犯人から脅迫状が届く。「使い古しの新圓で百萬圓を用意しろ。場所は有樂町カストリ横丁」。警察は犯人逮捕に全力をあげ、屈強な刑事たちが闇市を張り込むが、誘拐犯はその目前で身代金を奪ったうえ、子どもを連れて逃げてしまった。あれから15年、手がかりは何もなく、迷宮入りしたかに見えた。しかし、とある殺人事件をきっかけに、再び児童誘拐事件が動き出した!

製品情報

製品名 誘拐児
著者名 著:翔田 寛
発売日 2011年08月12日
価格 定価 : 本体648円(税別)
ISBN 978-4-06-277013-2
判型 A6
ページ数 432ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2008年8月、単行本として刊行された。

著者紹介

著:翔田 寛(ショウダ カン)

1958年東京生まれ。2000年『影踏み鬼』で第22回小説推理新人賞を受賞し、作家デビュー。本作で第54回江戸川乱歩賞を受賞し、単行本と併せて15万部を超える大ヒットとなる。著書に、『影踏み鬼』『参議怪死す』(ともに双葉社)、『逃亡戦犯』(講談社文庫、『祖国なき忠誠』より改題)、『築地ファントムホテル』(講談社)、「やわら侍」シリーズ(小学館文庫)などがある。

オンライン書店で見る