命の遺伝子

講談社文庫
イノチノイデンシ
  • 電子あり
命の遺伝子
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ベルリンでの講演直後、天才遺伝子科学者トオル・アキツは何者かに攫われ、爆破事件で吹き飛ばされた男の手首を見せられた。四十代のものに見える手首の主は、生きていれば百歳を超えるナチス武装親衛隊の大佐だという。謎を解明するためブラジルの奥地へ向かったトオルの前に、ナチスの壮大な陰謀が姿を現す。


ナチス・遺伝子科学・バチカン
“永遠の命”それは禍か、救済か

ベルリンでの講演直後、天才遺伝子科学者トオル・アキツは何者かに攫われ、爆破事件で吹き飛ばされた男の手首を見せられた。四十代のものに見える手首の主は、生きていれば百歳を超えるナチス武装親衛隊の大佐だという。謎を解明するためブラジルの奥地へ向かったトオルの前に、ナチスの壮大な陰謀が姿を現す。

※本書は2007年3月に徳間文庫より刊行されました。

目次

  • プロローグ
  • 第一章 ベルリン
  • 第二章 謎の女
  • 第三章 ジャングル
  • 第四章 秘密
  • 第五章 研究所
  • 第六章 バチカン
  • 第七章 テロメア
  • 第八章 生命の遺伝子
  • エピローグ

製品情報

製品名 命の遺伝子
著者名 著:高嶋 哲夫
発売日 2011年05月13日
価格 定価 : 本体943円(税別)
ISBN 978-4-06-276966-2
判型 A6
ページ数 640ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2007年3月に徳間文庫より刊行された。

オンライン書店で見る