マウス

講談社文庫
マウス
  • 電子あり
マウス
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

私は内気な女子です――無言でそう訴えながら新しい教室へ入っていく。早く同じような風貌の「大人しい」友だちを見つけなくては。小学五年の律(りつ)は目立たないことで居場所を守ってきた。しかしクラス替えで一緒になったのは友人もいず協調性もない「浮いた」存在の塚本瀬里奈。彼女が臆病な律を変えていく。(講談社文庫)


教室の中、女子にとって大切なこと。
同じ匂いの女子同士でつるむこと。
ヒミツを打ち明ける順番を守ること。
教室の風景に溶け込むこと。
支配している価値観を飛び越えないこと。
自分はクラスの中の脇役だと理解すること。

私は内気な女子です――無言でそう訴えながら新しい教室へ入っていく。早く同じような風貌の「大人しい」友だちを見つけなくては。小学五年の律(りつ)は目立たないことで居場所を守ってきた。しかしクラス替えで一緒になったのは友人もいず協調性もない「浮いた」存在の塚本瀬里奈。彼女が臆病な律を変えていく。

小学校の頃から、女子はたいへん。思春期、教室に渦巻いていた感情をもう一度。

「学校という場所は、スーパーに似ている。私たちは陳列されているのだ。そしてそれを評価するのは、教師じゃなくて、子どもたち。これも学校の勉強のひとつなんだよ、お母さん」

製品情報

製品名 マウス
著者名 著:村田 沙耶香
発売日 2011年03月15日
価格 定価 : 本体560円(税別)
ISBN 978-4-06-276912-9
判型 A6
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2008年3月に小社より単行本として刊行した。

オンライン書店で見る