そろそろ旅に

講談社文庫
ソロソロタビニ
  • 電子あり
そろそろ旅に
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

『東海道中膝栗毛』で一世を風靡(ふうび)するのはまだ先のこと。若き日の十返舎一九(じっぺんしゃいっく)、与七郎は平穏な暮らしに満たされず、憑(つ)かれたように旅を繰り返す。駿府から大坂、そして江戸へ。稀代のユーモア作家が心に抱いた暗闇とは何だったのか。意外な結末が深い感動を呼ぶ、直木賞作家渾身の長編小説。


江戸の大ベストセラー『東海道中膝栗毛』作者は、いかにして「道を外れた」のか。
「弥次さん喜多さん」の生みの親、十返舎一九が作家として立つまで。
漫画家しりあがり寿氏、嫉妬! 直木賞作家が贈る“笑って泣ける”時代小説!

『東海道中膝栗毛』で一世を風靡(ふうび)するのはまだ先のこと。若き日の十返舎一九(じっぺんしゃいっく)、与七郎は平穏な暮らしに満たされず、憑(つ)かれたように旅を繰り返す。駿府から大坂、そして江戸へ。稀代のユーモア作家が心に抱いた暗闇とは何だったのか。意外な結末が深い感動を呼ぶ、直木賞作家渾身の長編小説。<解説・しりあがり寿>

いやー、とても一九さんにはかなわない。(略)一九先輩、もしかして『東海道中膝栗毛』の弥次喜多が求めていたのも、そして先輩自身が求めていたのも、「リアル」だったんじゃありませんか? ――漫画家 しりあがり寿氏(『真夜中の弥次さん喜多さん』『弥次喜多 in DEEP』作者)――<本書解説より>

目次

  • 東へ西へ
  • 大坂という町
  • 道頓堀の出会い
  • 嵐の前後
  • 打ち壊し
  • 様がわり
  • 異国の香り
  • それぞれの道
  • 外道の誘惑
  • 婿の座
  • 筆の旅立ち
  • 勝負事の行方
  • 焼けぶとり
  • 二度目の災難
  • 夢の旅立ち
  • 江戸の風
  • 泡の暮らし
  • 二度目の見合い
  • 恩人の餞別
  • 故郷の風
  • 道は惑わず
  • エピローグ

製品情報

製品名 そろそろ旅に
著者名 著:松井 今朝子
発売日 2011年03月15日
価格 定価 : 本体819円(税別)
ISBN 978-4-06-276902-0
判型 A6
ページ数 576ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2008年3月、小社より単行本として刊行。

オンライン書店で見る