パラダイス・クローズド THANATOS

講談社文庫
パラダイスクローズドタナトス
  • 電子あり
パラダイス・クローズド THANATOS
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

周囲の人間に不審な死をもたらす「死神(タナトス)体質」の兄・美樹(よしき)と、発生した事件を解決する「探偵体質」の弟・真樹(まさき)。変わり者のミステリー作家が孤島に建てた館・水鱗館(すいりんかん)に向かった二人は、案の定、不可解な密室殺人事件に遭遇する。双子の少年と新米刑事が活躍する人気シリーズの第1作。第37回メフィスト賞受賞。(講談社文庫)


第37回メフィスト賞受賞作
注目の若手作家・汀(みぎわ)こるもののデビュー作、待望の文庫化。

双子の兄弟。一方は“探偵”、もう一方は“死神”。
舞台は麗しき絶海の孤島。ある雨の夜、一人の水槽愛好者(アクアリスト)が殺された。

周囲の人間に不審な死をもたらす「死神(タナトス)体質」の兄・美樹(よしき)と、発生した事件を解決する「探偵体質」の弟・真樹(まさき)。変わり者のミステリー作家が孤島に建てた館・水鱗館(すいりんかん)に向かった二人は、案の定、不可解な密室殺人事件に遭遇する。双子の少年と新米刑事が活躍する人気シリーズの第一作。第37回メフィスト賞受賞。

●立花美樹(死神)
「ぼくはせいぜい、皆さんの弱肉強食のレースを高みから見物させていただきます」
●立花真樹(探偵)
「オレ様が天才少年探偵だってバレたら犯人に口封じされちゃうじゃん」
●高槻彰彦(新米刑事)
「たかが密室と死体だ、おれたちにとっては騒ぐほどのものじゃない。日常の謎だ」

目次

  • 孤島の鬼
  • 喪服色の青春
  • 海辺の死神
  • パラダイス・ロスト
  • 水槽前にて
  • サバイバルゲーム
  • ホワイダニット
  • “本格”友の会
  • 悪夢
  • 戦わなければ
  • 密室の価値
  • 第二の密室
  • 見えない絆
  • たった一つの冴えたやり方
  • “本格”への挑戦状
  • ニュクスの子供たち
  • 蠅の王
  • 第三の密室

製品情報

製品名 パラダイス・クローズド THANATOS
著者名 著:汀 こるもの
発売日 2011年02月15日
価格 定価 : 本体629円(税別)
ISBN 978-4-06-276868-9
判型 A6
ページ数 384ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2008年1月に小社よりノベルスとして刊行された。

オンライン書店で見る