その夜の雪

講談社文庫
ソノヨノユキ
  • 電子あり
その夜の雪
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

祝言を間近にひかえながら暴漢に襲われ、命を絶った愛娘。「仏」の名を捨てて復讐に奔走する父として定町廻り同心・森口慶次郎が初登場する表題作や、妻に逃げられた男と子供を授からなかった女の交情を細やかに描いた「うさぎ」等、ままならぬ運命と向き合う江戸庶民の姿を鮮やかにすくいとった傑作短篇集。


慶次郎、ここに登場!
娘を亡くした男、独りで生きる女。ままならぬ人生と向き合う人々の姿を鮮やかに描いた、時代小説ファン必読の傑作短篇集。

祝言を間近にひかえながら暴漢に襲われ、命を絶った愛娘。「仏」の名を捨てて復讐に奔走する父として定町廻り同心・森口慶次郎が初登場する表題作や、妻に逃げられた男と子供を授からなかった女の交情を細やかに描いた「うさぎ」等、ままならぬ運命と向き合う江戸庶民の姿を鮮やかにすくいとった傑作短篇集。

※この作品は平成9年9月新潮文庫より刊行されました。

目次

  • うさぎ
  • その夜の雪
  • 吹きだまり
  • 橋を渡って
  • 夜鷹蕎麦十六文
  • 侘助
  • 束の間の話

製品情報

製品名 その夜の雪
著者名 著:北原 亞以子
発売日 2010年05月14日
価格 定価 : 本体524円(税別)
ISBN 978-4-06-276649-4
判型 A6
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1997年9月新潮文庫より刊行された。短編「その夜の雪」は「傷 慶次郎縁側日記」(新潮文庫)、「似たものどうし-慶次郎縁側日記傑作選」(新潮社)にも収録されている。

オンライン書店で見る