黄金峡

講談社文庫
オウゴンキョウ
  • 電子あり
黄金峡
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

東北の静かな山村に、日本最大のダム建設計画が持ち上がった。交渉のため村に乗り込む開発側と、先祖伝来の土地に愛着を抱く住人たち。多額の立ち退き補償を巡り、村は賛成派・反対派に分かれ騒然となる。ダム建設は、人々に何をもたらすのか。補償交渉に翻弄される人々の苦悩ーーダムが人を壊していく……。ダム問題をえぐる衝撃作。高度経済成長黎明期の1959年に、経済小説の先駆者が執筆した傑作社会派小説。


東北の静かな山村に、日本最大のダム 建設計画が持ち上がった。
交渉のため村に乗り込む開発側と、先祖伝来の土地に愛着を抱く住人たち。
多額の立ち退き補償を巡り、村は賛成派・反対派に分かれ騒然となる。
ダム建設は、人々に何をもたらすのか。
高度経済成長黎明期の1959年に執筆された傑作社会派小説。

製品情報

製品名 黄金峡
著者名 著:城山 三郎
発売日 2010年03月12日
価格 定価 : 本体552円(税別)
ISBN 978-4-06-276644-9
判型 A6
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 『週刊東京』1959年8月25日号~12月5日号連載、単行本:「「黄金峡」中央公論社 1960年刊、「企業小説シリーズ6 黄金峡・輸出」東都書房 1967年刊、「戦後ニッポンを読む 黄金峡」読売新聞社 1997年刊、文庫:「黄金峡」中公文庫 1979年刊。

著者紹介

著:城山 三郎(シロヤマ サブロウ)

1927年愛知県名古屋市生まれ。
東京商科大学(現・一橋大学)卒業後、愛知学芸大学(現・愛知教育大学)などで教鞭をとる。
'59年『総会屋錦城』で直木賞受賞。
その後、作家活動に専念する。
『雄気堂々』『落日燃ゆ』『毎日が日曜日』『もう、きみには頼まない』『この命、何をあくせく』など著書多数。
2007年死去、享年79。

オンライン書店で見る