渡る世間は「数字」だらけ

講談社文庫
ワタルセケンハスウジダラケ
  • 電子あり
渡る世間は「数字」だらけ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「世の中や人生を、数字を通して考えてみると面白いかも」と思った“万”起男さん。本業の医学から、宇宙・統計までの「数字」の意味を考察する。遺伝子情報は3%しか活用されない意味、1日10万個の脳細胞が減っても大丈夫なわけ、日本の国番号81の意味、世論調査の数字のウラなど軽妙洒脱に切りまくる。(講談社文庫)


「世の中や人生を、数字を通して考えてみると面白いかも」と思った“万”起男さん。
本業の医学から、宇宙・統計までの「数字」の意味を考察する。
遺伝子情報は3%しか活用されない意味、1日10万個の脳細胞が減っても大丈夫なわけ、日本の国番号81の意味、世論調査の数字のウラなど軽妙洒脱に切りまくる。

製品情報

製品名 渡る世間は「数字」だらけ
著者名 著:向井 万起男
発売日 2010年02月13日
価格 定価 : 本体524円(税別)
ISBN 978-4-06-276591-6
判型 A6
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 「産経新聞」2003年4月から2004年3月までに連載された「数字イロイロ」と、『週刊現代』2004年4月から2005年3月まで連載された「渡る世間は数字ばかり」を大幅に加筆し、構成した当社より刊行された「愛人の数と本妻の立場」(2005年10月)を改題し、一部加筆訂正したもの。

著者紹介

著:向井 万起男(ムカイ マキオ)

1947年、東京都に生まれる。慶應義塾大学医学部を卒業。専門は病理診断で、慶應病院の患者さんから採られた検体を顕微鏡で覗いて診断する医師。現在、慶應義塾大学医学部准教授、病理診断部部長。これまで、病理学に関する論文、著書多数。しかし、「宇宙飛行士・向井千秋の亭主」であることを潔く自認し、女房に関するエッセイや本の執筆も開始、2009年、講談社エッセイ賞を『謎の1セント硬貨』(講談社)で受賞する。著書に『君について行こう(上・下)』『続・君について行こう 女房が宇宙を飛んだ』『ハードボイルドに生きるのだ』(いずれも講談社+α文庫)ほか。

オンライン書店で見る