禅定の弓 鬼籍通覧

講談社文庫
ゼンジョウノユミキセキツウラン
  • 電子あり
禅定の弓 鬼籍通覧
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

老人の焼死体がO医科大学法医学教室に運び込まれた。
伊月とミチルが解剖したところ、火事の前に死亡していたことが明らかになり、一転して事件の様相を帯びる。
一方、同じ市内で、犬やウサギなどが連続して惨殺される。
遺体からこぼれ落ちたピンバッジは何を語る?
リアルに胸に迫るメディカルミステリー。

目次

  • 一章  この不確かな安らぎ
  •  間奏 飯食う人々 その一
  • 二章  聞こえても届かないふり
  •  間奏 飯食う人々 その二
  • 三章  解け残っている歪み
  •  間奏 飯食う人々 その三
  • 四章  もつれる蜘蛛の糸
  •  間奏 飯食う人々 その四
  • 五章  希望の影を踏み
  •  間奏 締めの飯食う人々
  •  巻末キャラ座談会
  •  (「家族亭」阪急高槻店にて)

製品情報

製品名 禅定の弓 鬼籍通覧
著者名 著:椹野 道流
発売日 2010年02月13日
価格 定価 : 本体676円(税別)
ISBN 978-4-06-276589-3
判型 A6
ページ数 352ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2004年7月、小社ノベルスとして刊行。

著者紹介

著:椹野 道流(フシノ ミチル)

2月25日生まれ。魚座のO型。法医学教室勤務のほか、専門学校教師や猫の母その他もろもろの仕事に携わる。この「鬼籍通覧」シリーズは、講談社ノベルスより6冊目が出ている。他の著書に『人買奇談』から始まるホワイトハートの人気シリーズや、「右手にメス、左手に花束」シリーズ(二見シャレード文庫)など多数。

オンライン書店で見る