高山本線殺人事件

講談社文庫
タカヤマホンセンサツジンジケン
  • 電子あり
高山本線殺人事件
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

刑事の父が事故死した。謎の美女と一緒に。警視庁捜査一課・十津川班の西本刑事の父親が、下呂・高山間で交通事故死した。同乗していた見知らぬ女性と一緒に。現場の状況に疑念を抱いた西本は、死の真相を求めて独自に動き出す。さらに高山の朝市で東京のOLが刺され「特急ひだ」車内でも……。難航する捜査の中、十津川警部は事件の謎に迫れるか? (講談社文庫)


警視庁捜査一課・十津川班の西本刑事の父親が、下呂・高山間で交通事故死した。
同乗していた見知らぬ女性と一緒に。
現場の状況に疑念を抱いた西本は、死の真相を求めて独自に動き出す。
さらに高山の朝市で東京のOLが刺され「特急ひだ」車内でも……。
難航する捜査の中、十津川警部は事件の謎に迫れるか?

製品情報

製品名 高山本線殺人事件
著者名 著:西村 京太郎
発売日 2010年02月13日
価格 定価 : 本体600円(税別)
ISBN 978-4-06-276587-9
判型 A6
ページ数 328ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1997年2月 カッパ・ノベルス、2000年8月 光文社文庫

オンライン書店で見る