高橋克彦自選短編集 2 恐怖小説編

講談社文庫
タカハシカツヒコジセンタンペンシュウ2キョウフショウセツヘン
  • 電子あり
高橋克彦自選短編集 2 恐怖小説編
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

地吹雪の夜道で、若い男女が乗った車が大木に衝突した。男は即死らしい。“私”は女を助け出し、最寄りの雪泊温泉に避難するが、奇妙な客や座敷牢を目にして正気を失ってゆく(「ゆきどまり」)。連続刊行の2巻は「優れた怪談の底辺には、愛がある」という著者の信念が凝縮した、哀しくも背筋の凍る恐怖小説23編。(講談社文庫)


人の心の怖ろしさ、愛しさが胸に迫る逸品集。
人類最初の物語は、恐らく怪談だろう。

地吹雪の夜道で、若い男女が乗った車が大木に衝突した。男は即死らしい。“私”は女を助け出し、最寄りの雪泊温泉に避難するが、奇妙な客や座敷牢を目にして正気を失ってゆく(「ゆきどまり」)。連続刊行の2巻は「優れた怪談の底辺には、愛がある」という著者の信念が凝縮した、哀しくも背筋の凍る恐怖小説23編。

製品情報

製品名 高橋克彦自選短編集 2 恐怖小説編
著者名 著:高橋 克彦
発売日 2009年12月15日
価格 定価 : 本体1,000円(税別)
ISBN 978-4-06-276537-4
判型 A6
ページ数 656ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 収録作品参照

オンライン書店で見る