はやぶさ新八御用旅(四) 北前船の事件

講談社文庫
ハヤブサシンパチゴヨウタビキタマエブネノジケン
  • 電子あり
はやぶさ新八御用旅(四) 北前船の事件
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

お鯉が攫われ新八郎、佐渡へ! 谷中感応寺。江戸の三富のひとつが行われている最中に、男が殺された。身元不明である。かたや、どこかの藩の船が忽然と消えてしまったという。この2つの事件、どうやら過去の北前船の出来事に関わりがあるらしい……探っていく新八郎だったが、なんと女中・お鯉がさらわれてしまう。人気シリーズ第4作。


大人気シリーズ登場。今回は佐渡島へ渡る! 江戸は谷中の富突(宝くじ)で不明の死体が!
どうやら過去の北前船の事件に関係があるらしい。探っていく新八だったが、なんと女中のお鯉がさらわれてしまう。

目次

  • 消えた船
  • 拉致
  • 北の海
  • 歳月
  • 海、渺渺

製品情報

製品名 はやぶさ新八御用旅(四) 北前船の事件
著者名 著:平岩 弓枝
発売日 2009年11月13日
価格 定価 : 本体581円(税別)
ISBN 978-4-06-276514-5
判型 A6
ページ数 336ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2006年11月に小社より刊行。

オンライン書店で見る