震災列島

講談社文庫
シンサイレットウ
  • 電子あり
震災列島
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

名古屋で地質会社を営む明石真人は、東海・東南海地震の連続発生を予測。地震による大津波を利用して、娘の仇を討つべく復讐計画を練り上げる。そして数ヵ月後、ついに東海地震が発生。浜岡原発の炉心融解(メルトダウン)を目前に、復讐劇の幕が開く。最新の研究データに基づく大災害小説。そのとき、人は、生き様を問われる。


名古屋で地質会社を営む明石真人は、東海・東南海地震の連続発生を予測。
地震による大津波を利用して、娘の仇を討つべく復讐計画を練り上げる。
そして数ヵ月後、ついに東海地震が発生。
浜岡原発の炉心融解(メルトダウン)を目前に、復讐劇の幕が開く。
最新の研究データに基づく大災害小説。
そのとき、人は、生き様を問われる。

目次

  • プロローグ
  • 第一章 警報
  • 第二章 策謀
  • 第三章 戦雲
  • 第四章 敵陣
  • 第五章 迷走
  • 第六章 安息日
  • 第七章 奇襲
  • 第八章 衝撃
  • 第九章 特攻
  • 第十章 反攻計画
  • 第十一章 東海地震戦争
  • 第十二章 テロリスト
  • 第十三章 破壊工作
  • 第十四章 地下要塞
  • 第十五章 開戦前夜
  • 第十六章 出撃
  • 第十七章 潰乱
  • 第十八章 開戦
  • 第十九章 決戦
  • エピローグ
  • 文庫版あとがき

製品情報

製品名 震災列島
著者名 著:石黒 耀
発売日 2010年01月15日
価格 定価 : 本体1,000円(税別)
ISBN 978-4-06-276437-7
判型 A6
ページ数 644ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2004年10月に小社より刊行された。

著者紹介

著:石黒 耀(イシグロ アキラ)

1954年、広島県生まれ。医師、小説家。阪神淡路大震災に遭遇したことを契機に執筆を開始。地変国日本のあり方を問うた処女作『死都日本』(第26回メフィスト賞受賞作)でデビューし、その科学的根拠に基づいた緻密な構成力と、圧倒的なスケール感で、読者に異例の反響を呼ぶ。他の著書に、『昼は雲の柱』『樹の上の忠臣蔵』(ともに講談社)がある。

オンライン書店で見る