バンギャル ア ゴーゴー(3)

講談社文庫
バンギャルアゴーゴー3
  • 電子あり
バンギャル ア ゴーゴー(3)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

親の反対を押し切って高校を中退したえりは、東京で一人暮らしを始める。ノリコもユキも上京するが、「ヴィジュアル系バンドが好き」なだけの少女たちに東京はあまりにも厳しい。そんなとき、彼女たちの心を揺さぶる衝撃の出来事が・・・。少女たちの成長を描いた「ガールズ・ノヴェル」、渾身の大作、遂に完結! (講談社文庫)


あの頃、同じ「夢」を見ていた少女たちへ。

なにかに、夢中になっている女の人のことを「女の子」というのかもしれない。――(リリー・フランキー)

「私さ、中学ん時とか、イジメられてたんだ。そんで、ちょうどその頃、ZEXがデビューしたくらいでさ、それでZEXの曲聴いて、(中略)ものすごくハマって、学校とか家とかクソみたいに面白くなくてくだらないけど、ZEXがいるってだけで、このくだらない世界も少しは生きる価値あるかなって、(中略)ホント、ZEXのおかげで死なずにいられたんだ・・・」。ユキが頬杖をついたまま、ビールの缶を弄びながら言った。ユキのその告白に、心臓がドキドキした。私もだよ。私もまったく同じだよ。喉元まで出かかった言葉が、口にしてしまうと涙が出そうで吐き出してしまうことができない。――(本文より)

親の反対を押し切って高校を中退したえりは、東京で一人暮らしを始める。ノリコもユキも上京するが、「ヴィジュアル系バンドが好き」なだけの少女たちに東京はあまりにも厳しい。そんなとき、彼女たちの心を揺さぶる衝撃の出来事が・・・。少女たちの成長を描いた「ガールズ・ノヴェル」、渾身の大作、遂に完結!

※この作品は、2006年10月に小社より刊行された『バンギャル ア ゴーゴー』(上・下)を3分冊としたものです。

目次

  • バンギャル ア ゴーゴー 3
  • あとがき

製品情報

製品名 バンギャル ア ゴーゴー(3)
著者名 著:雨宮 処凛
発売日 2009年08月12日
価格 定価 : 本体695円(税別)
ISBN 978-4-06-276436-0
判型 A6
ページ数 400ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2006年10月に小社より刊行された「バンギャル ア ゴーゴー」(上・下)を三分冊としたもの。

オンライン書店で見る