箱根路、殺し連れ 警視庁北多摩署特捜本部

講談社文庫
ハコネジコロシヅレケイシチョウキタタマショトクソウホンブ
箱根路、殺し連れ 警視庁北多摩署特捜本部
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

上司の小言は馬耳東風。名物純情刑事、爆走す!

新宿歌舞伎町。北多摩署の相馬刑事の車から駐車場オーナーの絞殺死体が発見された。続いて相馬は、箱根の芦ノ湖で刺青男の溺死体を釣り上げる。2つの事件に深く関わった我らがウマさんの相棒は、泥棒(ノビ)の大二郎。捜査本部の顰蹙を買いつつ、事件の鍵を握り疾走する純情刑事に勝算は!? 爽快人情警察小説!

※本書は1998年4月に光文社文庫より刊行されました。講談社文庫収録にあたり、シリーズ名を「警視庁北多摩署特捜本部」にあらためました。なお、地名、列車の時刻などは刊行当時のものです。

製品情報

製品名 箱根路、殺し連れ 警視庁北多摩署特捜本部
著者名 著:太田 蘭三
発売日 2009年08月12日
価格 定価 : 本体600円(税別)
ISBN 978-4-06-276428-5
判型 A6
ページ数 352ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1998年4月に光文社文庫より刊行された。講談社文庫収録にあたり、シリーズ名を「警視庁北多摩署特捜本部」にあらためた。