僕は秋子に借りがある I’m in Debt to Akiko 森博嗣自選短編集

講談社文庫
ボクハアキコニカリガアルアイムインデットトゥアキコモリヒロシジセンタンペンシュウ
  • 電子あり
僕は秋子に借りがある I’m in Debt to Akiko 森博嗣自選短編集
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

初めて秋子に会ったのは、大学生協の食堂だった。ちょっと壊れている彼女と授業をサボって出かけ、死んだ兄貴の話を聞かされた。彼女が僕にどうしても伝えたかった思いとは? 胸が詰まるラストの表題作ほか、「小鳥の恩返し」「卒業文集」など、文学的な香りが立ちのぼる、緻密で美しい13の傑作短編集。(講談社文庫)


初めて秋子に会ったのは、大学生協の食堂だった。ちょっと壊れている彼女と授業をサボって出かけ、死んだ兄貴の話を聞かされた。彼女が僕にどうしても伝えたかった思いとは? 胸が詰まるラストの表題作ほか、「小鳥の恩返し」「卒業文集」など、文学的な香りが立ちのぼる、緻密で美しい13の傑作短編集。

目次

  • 虚空の黙祷者
  • Silent Prayer in Empty
  • 小鳥の恩返し
  • The Girl Who was Little Bird
  • 赤いドレスのメアリィ
  • Mary is Dressed in Red
  • 探偵の孤影
  • Sound of a Detective
  • 卒業文集
  • Graduation Anthology
  • 心の法則
  • Constitutive Law of Emotion
  • 砂の街
  • The Sandy Town
  • 檻とプリズム
  • A Prism in the Cage
  • 恋之坂ナイトグライド
  • Gliding through the Night at Koinosaka
  • 素敵な模型屋さん
  • Pretty Shop of Models and Toys
  • キシマ先生の静かな生活
  • The Silent World of Dr. Kishima
  • 河童
  • Kappa
  • 僕は秋子に借りがある
  • I'm in Debt to Akiko

製品情報

製品名 僕は秋子に借りがある I’m in Debt to Akiko 森博嗣自選短編集
著者名 著:森 博嗣
発売日 2009年07月15日
価格 定価 : 本体840円(税別)
ISBN 978-4-06-276417-9
判型 A6
ページ数 480ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2008年8月に単行本で刊行。

著者紹介

著:森 博嗣(モリ ヒロシ)

1957年愛知県生まれ。工学博士。某国立大学の工学部助教授の傍ら1996年、『すべてがFになる』(講談社文庫)で第1回メフィスト賞を受賞し、衝撃デビュー。以後、犀川助教授・西之園萌絵のS&Mシリーズや瀬在丸紅子たちのVシリーズ、『φ(ファイ)は壊れたね』から始まるGシリーズ、『イナイ×イナイ』からのXシリーズがある。ほかに『女王の百年密室』(幻冬舎文庫・新潮文庫)、映画化されて話題になった『スカイ・クロラ』(中公文庫)などの小説のほか、『森博嗣のミステリィ工作室』『悠悠おもちゃライフ』『議論の余地しかない』『君の夢 僕の思考』(講談社文庫)、『森博嗣の半熟セミナ 博士、質問があります!』(講談社)などのエッセィ、ささきすばる氏との絵本『悪戯王子と猫の物語』(講談社文庫)、庭園鉄道敷設レポート『ミニチュア庭園鉄道』1~3(中公新書ラクレ)などがある。

オンライン書店で見る