分冊文庫版 邪魅の雫(上)

講談社文庫
ブンサツブンコバンジャミノシズクジョウ
  • 電子あり
分冊文庫版 邪魅の雫(上)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

貴女は私に一滴の雫を呉れただけだ。そして貴女が私に呉れた一滴の雫は、私をすっかり吸い込んでしまった。
京極夏彦分冊文庫シリーズ

「邪悪な陰謀が陰で渦巻いてるかもしれん」。榎木津の縁談が先方から悉(ことごと)く断られる。その理由を、榎木津の従兄にあたる今出川の命令で、益田は調べ始める。その頃、小松川署勤務の青木文蔵は、江戸川、大磯で発生した毒殺事件の関連を調査していた。そして、被害者の1人が榎木津の縁談相手の妹だったと判明する。

製品情報

製品名 分冊文庫版 邪魅の雫(上)
著者名 著:京極 夏彦
発売日 2009年06月12日
価格 定価 : 本体648円(税別)
ISBN 978-4-06-276372-1
判型 A6
ページ数 424ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2006年9月に講談社ノベルスとして刊行されたもの。文庫版として出版するにあたり、本文レイアウトに合わせて加筆訂正がなされた。

オンライン書店で見る