壺中の天 鬼籍通覧

講談社文庫
コチュウノテンキセキツウラン
壺中の天 鬼籍通覧
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

始まりはホトケが消えたことだった――。謎のあとに残るのは、狂気のみ。
法医学教室メディカルミステリーシリーズ

ゲーセンで若い女性が転倒して死んだ。O医科大学法医学教室の新人・伊月崇(いづきたかし)とミチル、都筑(つづき)教授は、ランチを食べに行く途中、偶然その遺体に遭遇する。ところがその遺体が、警察に搬送される途中で忽然(こつぜん)と消えてしまった。さらにミチルに謎のメッセージが送られてくる。怖ろしすぎるラストまで目が離せない!

目次

  • 一章  おそらくはどうでもいいこと
  •  間奏 飯食う人々 その一
  • 二章  今に何か見える
  •  間奏 飯食う人々 その二
  • 三章  だんだん遠くなって
  •  間奏 飯食う人々 その三
  • 四章  崩れ落ちずここに
  •  間奏 飯食う人々 その四
  • 五章  足跡だらけの道
  •  間奏 飯食う人々 その五
  • 六章  一度だけ現れて
  •  巻末キャラ座談会
  •  (JR神戸駅近く「きょうごくや」にて)

製品情報

製品名 壺中の天 鬼籍通覧
著者名 著:椹野 道流
発売日 2009年05月15日
価格 定価 : 本体629円(税別)
ISBN 978-4-06-276366-0
判型 A6
ページ数 352ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2001年6月、小社よりノベルスとして刊行。