雪下に咲いた日輪と 薬屋探偵妖綺談

講談社文庫
セッカニサイタニチリントクスリヤタンテイヨウキダン
  • 電子あり
雪下に咲いた日輪と 薬屋探偵妖綺談
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

断崖絶壁に建つ曰くつきの洋館。少女・砂波(さなみ)の父が購入するという。あまりにも怪しげなため、探りに行った彼女を待っていたのは甲高い悲鳴と、長い髪を振り乱し海を歩く者。いったいこれは? 依頼を受けた美形の妖探偵達が調査に出向いた先で、陰惨な殺人事件が起きてしまうのだった。大人気シリーズ第12作。(講談社文庫)


崖の上の洋館、殺人……ミステリーの醍醐味。

断崖絶壁に建つ曰くつきの洋館。少女・砂波(さなみ)の父が購入するという。あまりにも怪しげなため、探りに行った彼女を待っていたのは甲高い悲鳴と、長い髪を振り乱し海を歩く者。いったいこれは? 依頼を受けた美形の妖探偵達が調査に出向いた先で、陰惨な殺人事件が起きてしまうのだった。大人気シリーズ第12作。

製品情報

製品名 雪下に咲いた日輪と 薬屋探偵妖綺談
著者名 著:高里 椎奈
発売日 2009年05月15日
価格 定価 : 本体762円(税別)
ISBN 978-4-06-276326-4
判型 A6
ページ数 512ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2005年3月に小社ノベルスとして刊行。

関連シリーズ

オンライン書店で見る