百寺巡礼 第八巻 山陰・山陽

講談社文庫
ヒャクジジュンレイダイハチカンサンインサンヨウ
  • 電子あり
百寺巡礼 第八巻 山陰・山陽
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

五木寛之の『百寺巡礼』好評全10巻中、注目の1冊!
第8巻 山陰・山陽 神話のふるさとへ

日本海と瀬戸内海に囲まれたこの地は、多くの文化を受け入れてきた。中国の黄檗(おうばく)宗の面影を感じる東光寺。天下随一の奇観(きかん)、三佛寺投入堂。『暗夜行路』の舞台・大山寺と森鴎外の眠る永明寺。凛然と聳(そび)える瑠璃光寺の塔を見ながら、尾道、出雲、萩、津和野――歴史を動かした土地の息吹を感じる。

目次

  • 声なき声に励まされて
  • 第七十一番 三佛寺
  • 第七十二番 大山寺
  • 第七十三番 清水寺
  • 第七十四番 一畑薬師
  • 第七十五番 永明寺
  • 第七十六番 東光寺
  • 第七十七番 瑠璃光寺
  • 第七十八番 阿弥陀寺
  • 第七十九番 浄土寺
  • 第八十番 明王院
  • 主要参考文献一覧

製品情報

製品名 百寺巡礼 第八巻 山陰・山陽
著者名 著:五木 寛之
発売日 2009年04月15日
価格 定価 : 本体562円(税別)
ISBN 978-4-06-276317-2
判型 A6
ページ数 296ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2005年3月、弊社より単行本として刊行。

関連シリーズ

オンライン書店で見る