さようなら、私の本よ!

講談社文庫
サヨウナラワタシノホンヨ
  • 電子あり
さようなら、私の本よ!
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

国際的な作家である長江古義人と建築家の繁。この「おかしな二人組」は幼い頃から因縁があり、時を経て病院のベッドで再会を果たす。老人の愚行としてテロを画策する繁に巻き込まれていく古義人は、組織の青年達と精神の触れあいを深めながらも、「小さな老人(ゲロンチョン)」の家に軟禁されるのであった。二人の行き着く先には。


大江健三郎流テロリズムとは?

国際的な作家である古義人と建築家の繁。この「おかしな2人組」は幼い頃から因縁があり、時を経て病院のベッドで再会を果たす。老人の愚行としてテロを画策する繁に巻き込まれていく古義人は、組織の青年達と精神の触れあいを深めながらも、「小さな老人(ゲロンチョン)」の家に軟禁されるのであった。2人の行き着く先には。

目次

  • 第一部 むしろ老人の愚行が聞きたい
  •  序章 見よ、かれらは帰ってくる
  •  第一章 「小さな老人」の家
  •  第二章 エリオットの読み方
  •  第三章 ミシマ問題に戻る
  •  第四章 ヴィデオカメラに挑発されて
  • 第二部 死んだ人たちの伝達は火をもって
  •  第五章 あいまいな軟禁
  •  第六章 ミシマ=フォン・ゾーン計画
  •  第七章 犬と狼の間
  •  第八章 ロバンソン小説
  •  第九章 突然の尻すぼみ(一)
  •  第十章 突然の尻すぼみ(二)
  • 第三部 われわれは静かに静かに動き始めなければならない
  •  第十一章 「破壊する」教育
  •  第十二章 おかしなところが優位に立つ
  •  第十三章 「小さな老人」の家が爆破される
  •  第十四章 「おかしな二人組」の合作
  •  終章 「徴候」
  • 文庫版のために

製品情報

製品名 さようなら、私の本よ!
著者名 著:大江 健三郎
発売日 2009年02月13日
価格 定価 : 本体819円(税別)
ISBN 978-4-06-276272-4
判型 A6
ページ数 528ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 『群像』2005年1月号、6月号、8月号。2005年9月に小社より刊行。

オンライン書店で見る