子どもたちは夜と遊ぶ(上)

講談社文庫
コドモタチハヨルトアソブジョウ
  • 電子あり
子どもたちは夜と遊ぶ(上)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

始まりは、海外留学をかけた論文コンクール。幻の学生、『i』の登場だった。大学受験間近の高校3年生が行方不明になった。家出か事件か。世間が騒ぐ中、木村浅葱だけはその真相を知っていた。「『i』はとてもうまくやった。さあ、次は、俺の番――」。姿の見えない『i』に会うために、ゲームを始める浅葱。孤独の闇に支配された子どもたちが招く事件は、さらなる悲劇を呼んでいく。(講談社文庫)


大学受験間近の高校三年生が行方不明になった。家出か事件か。世間が騒ぐ中、木村浅葱(あさぎ)だけはその真相を知っていた。「『i』はとてもうまくやった。さあ、次は、俺の番ーー」。姿の見えない『i』に会うために、ゲームを始める浅葱。孤独の闇に支配された子どもたちが招く事件は、さらなる悲劇を呼んでいく。

製品情報

製品名 子どもたちは夜と遊ぶ(上)
著者名 著:辻村 深月
発売日 2008年05月15日
価格 定価 : 本体750円(税別)
ISBN 978-4-06-276049-2
判型 A6
ページ数 512ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2005年5月、ノベルスとして刊行された上下巻の上巻。

著者紹介

著:辻村 深月(ツジムラ ミヅキ)

1980年2月29日生まれ。千葉大学教育学部卒。『冷たい校舎の時は止まる』(講談社文庫)で第31回メフィスト賞を受賞し、デビュー。エンターテインメント界に現れた期待の新人として注目を集める。
他の著書に『凍りのくじら』『ぼくのメジャースプーン』『スロウハイツの神様』(すべて講談社ノベルス)、『名前探しの放課後』(講談社)がある。

オンライン書店で見る