神の獲物

講談社文庫
カミノエモノ
神の獲物
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

人工的に切断された動物、そして人間――心優しき猟区管理官ジョーが未知なる敵と対決する。まるで外科手術のような鮮やかさで切断されたへら鹿(ムース)の死体が発見された。次に家畜。ついには人間にも凶行が及び、森に現れたジャック・ザ・リッパーは、小さな町をパニックに陥れる。ワイオミングの大自然と家族をこよなく愛する猟区管理官ジョーが「自分の力を超えた」相手と対決する、好評シリーズ第3弾。


「不穏な空気に覆われたジョーの新たな冒険。興奮必死のページターナーぶり」――パブリッシャーズ・ウィークリー

人工的に切断された動物、そして人間――心優しき猟区管理官ジョーが未知なる敵と対決する。

まるで外科手術のような鮮やかさで切断されたへら鹿(ムース)の死体が発見された。次に家畜。ついには人間にも凶行が及び、森に現れたジャック・ザ・リッパーは、小さな町をパニックに陥れる。ワイオミングの大自然と家族をこよなく愛する猟区管理官ジョーが「自分の力を超えた」相手と対決する、好評シリーズ第3弾。

製品情報

製品名 神の獲物
著者名 著:シー・ジェイ・ボックス 訳:野口 百合子
発売日 2008年03月14日
価格 定価 : 本体819円(税別)
ISBN 978-4-06-276005-8
判型 A6
ページ数 544ページ
シリーズ 講談社文庫