我、拗ね者として生涯を閉ず(下)

講談社文庫
ワレスネモノトシテショウガイヲトズ
我、拗ね者として生涯を閉ず(下)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

敗戦、引き揚げ、GHQ支配に戦後民主主義教育現場……そして社会部のエースへ。戦後の激動の日本を生き抜いた作家が何よりも大切にしていたのは、「世俗的な成功」よりも「内なる言論の自由」を守り切ることだった。「人が人として誇り高く生きること」を希求し続ける、渾身の自伝的ノンフィクション。(講談社文庫)


最後の連載をまとめた、魂の自伝的ノンフィクション。
今、私たちはここに書かれているメッセージをどう受け止めるのか。「欲を持つな、由緒正しい貧乏人たれ――」

敗戦、引き揚げ、GHQ支配に戦後民主主義教育現場……そして社会部のエースへ。戦後の激動の日本を生き抜いた作家が何よりも大切にしていたのは、「世俗的な成功」よりも「内なる言論の自由」を守り切ることだった。「人が人として誇り高く生きること」を希求し続ける、渾身の自伝的ノンフィクション。

「人が人として誇り高く生きること」この言葉にあなたは答えを出せますか?

目次

  • 第7部 社会部が社会部であった時代
  • 第8部 渾身の「黄色い血」キャンペーン
  • 第9部 病床で飽食日本を斬る
  • 第10部 正力コーナーへの嫌悪
  • 第11部 さらば、読売新聞
  • 絶筆 拗ね者の誇り

製品情報

製品名 我、拗ね者として生涯を閉ず(下)
著者名 著:本田 靖春
発売日 2007年11月15日
価格 定価 : 本体752円(税別)
ISBN 978-4-06-275907-6
判型 A6
ページ数 480ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は’05年2月、小社より単行本として刊行された作品を上下巻にした下巻。