我、拗ね者として生涯を閉ず(上)

講談社文庫
ワレスネモノトシテショウガイヲトズ
我、拗ね者として生涯を閉ず(上)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

私は社会部記者であり続けることに、誇りを持っている――。常に人の「善意と無限の可能性」を信じ続けた、ノンフィクション作家、本田靖春。必要なのは、権威でも権力でもない。「由緒正しい貧乏人」として、ただ一人の記者として、生きること。「豊かさ」にあふれた日本人に、欠けているものとは何なのか。(講談社文庫)


「これを書き終えるまで、死なない、死ねない――」
2004年12月、この世を去った孤高のジャーナリスト、本田靖春。最終回を残し、絶筆となった渾身のノンフィクション!

私は社会部記者であり続けることに、誇りを持っている――。常に人の「善意と無限の可能性」を信じ続けた、ノンフィクション作家、本田靖春。必要なのは、権威でも権力でもない。「由緒正しい貧乏人」として、ただ一人の記者として、生きること。「豊かさ」にあふれた日本人に、欠けているものとは何なのか。

「記者」とは、「正義」とは――読む者に常に問いかけてくる

目次

  • 第1部 由緒正しい貧乏人
  • 第2部 植民地朝鮮、支配者の子として
  • 第3部 戦後民主主義、光輝く
  • 第4部 新聞記者への道
  • 第5部 社会部配属、そして暗転
  • 第6部 撥刺たる警察(サツ)回り、そして遊軍

製品情報

製品名 我、拗ね者として生涯を閉ず(上)
著者名 著:本田 靖春
発売日 2007年11月15日
価格 定価 : 本体695円(税別)
ISBN 978-4-06-275906-9
判型 A6
ページ数 400ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は’05年2月、小社より単行本として刊行された作品を上下巻にした上巻。