φは壊れたね

講談社文庫
ファイハコワレタネ
  • 電子あり
φは壊れたね
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

もしもこれまでの人生、1冊の森博嗣も読んでいなかったら。――<西尾維新(解説より)>

その死体は、Yの字に吊られていた。背中に作りものの翼をつけて。部屋は密室状態。さらに死体発見の一部始終が、ビデオで録画されていた。タイトルは「Φ(ファイ)は壊れたね」。これは挑戦なのか?N大のスーパ大学院生、西之園萌絵が、山吹ら学生たちと、事件解明に挑む。Gシリーズ、待望の文庫版スタート!

目次

  • プロローグ
  • 第1章
  • 密室の中に浮遊する死体の状況について
  • 第2章
  • しだいに確固となる密室の境界条件について
  • 第3章
  • 記録された映像とφの謎について
  • 第4章
  • 予感と現実の摩擦あるいは譲歩について
  • 第5章
  • 通じるために開けた穴のリスクについて
  • エピローグ

製品情報

製品名 φは壊れたね
著者名 著:森 博嗣
発売日 2007年11月15日
価格 定価 : 本体590円(税別)
ISBN 978-4-06-275898-7
判型 A6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2004年9月、小社ノベルスとして刊行。

オンライン書店で見る