『クロック城』殺人事件

講談社文庫
クロックジョウサツジンジケン
  • 電子あり
『クロック城』殺人事件
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

終焉をむかえつつある人類の世界。探偵・南深騎(みき)と菜美の下に、黒鴣瑠華(くろうるか)と名乗る美少女が現れた。眠り続ける美女。蠢く人面蒼。3つの時を刻む巨大な時計。謎が漂うクロック城に2人を誘う瑠華。そこに大きな鐘が鳴り響いたとき、首なし遺体が次々と現れた。驚愕のトリックが待つ、本格ミステリ。(講談社文庫)


世界が終わる瞬間、あなたは誰と一緒にいたいですか?
「その時」だからこそわかる、本当に大切な人、守りたいもの。あなたなら、そのために人を殺せますか?

歓喜した。こんな本格の傑作に出会えようとは。――有栖川有栖

終焉をむかえつつある人類の世界。探偵・南深騎(みき)と菜美の下に、黒鴣瑠華(くろうるか)と名乗る美少女が現れた。眠り続ける美女。蠢く人面蒼。3つの時を刻む巨大な時計。謎が漂うクロック城に2人を誘う瑠華。そこに大きな鐘が鳴り響いたとき、首なし遺体が次々と現れた。驚愕のトリックが待つ、本格ミステリ。

「もしも、『クロック城』をブレイク前の習作だと思っている方がいたら、ぜひ本書を読んで勘違いに気づいていただきたい。(中略)シュアで美しい推理をたどり、ゴールに着いた時は、溜め息が出た。しごく素直な気持ちで、凄い、と思った。」――<有栖川有栖氏「解説」より>

第24回メフィスト賞受賞作

製品情報

製品名 『クロック城』殺人事件
著者名 著:北山 猛邦
発売日 2007年10月16日
価格 定価 : 本体730円(税別)
ISBN 978-4-06-275863-5
判型 A6
ページ数 424ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 ’02年3月小社ノベルスとして刊行。

オンライン書店で見る