私は好奇心の強いゴッドファーザー

講談社文庫
ワタシハコウキシンノツヨイゴッドファーザー
  • 電子あり
私は好奇心の強いゴッドファーザー
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「私は好奇心の強い女」……。新聞広告でみかけた魅惑の題名。思わず新聞を切り抜く原田少年だが、親に知られると恥ずかしい。ごまかしついでに始めた映画宣伝コレクションは、やがて原田少年を「ゴッドファーザー」へと誘う(表題作)。赤ん坊・原田宗典が、少年、青年、そして父親へと成長する間、いつも映画は傍にあった。軽妙にかつ愉快に描かれるシネマへの愛と家族への思い。やがて胸が熱くなる名エッセイ集。(講談社文庫)


銀幕の前で育った少年。映画は偉大な父なのだ。

偉大なる父(ゴッドファーザー)と生来の妄想力が、ムネノリ少年を映画好きにした。「007」でスパイを目指し、18禁作品上映館への突入を敢行した彼は、2児の父となっても映画少年でありつづける。3代にわたる銀幕との付き合いの末に訪れた「至福のとき」とは? 抱腹絶倒、そして誰もの胸に迫る、傑作シネマ&家族エッセイ。

目次

  • コクトーから始まった
  • 薔薇になったスパイ
  • 王様は永久に不滅です
  • 私は好奇心の強いゴッドファーザー
  • 恐怖といふもの
  • お年頃だった!
  • 想像して観よ
  • 彼らとの再会
  • 後ろ向きのエイリアン
  • 1984年の映画事情
  • 父と子の映画談義
  • 映画監督になった男
  • リンチのやり方
  • 試写会との相性
  • 原作対映画
  • 三人の「至福のとき」

製品情報

製品名 私は好奇心の強いゴッドファーザー
著者名 著:原田 宗典
発売日 2007年09月14日
価格 定価 : 本体571円(税別)
ISBN 978-4-06-275839-0
判型 A6
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 『IN★POCKET』2002年2月号~2003年11月号まで、「上映のベルが鳴る」のタイトルで連載、2004年4月小社より単行本として刊行。

オンライン書店で見る