冷たい校舎の時は止まる(上)

講談社文庫
ツメタイコウシャノトキハトマルジョウ
  • 電子あり
冷たい校舎の時は止まる(上)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

エンターテインメント界注目の大型新人・辻村深月が贈る青春小説
閉じ込められた8人の高校生――雪はまだ降り止まない
「ねえ、どうして忘れたの?」

雪降るある日、いつも通りに登校したはずの学校に閉じ込められた8人の高校生。開かない扉、無人の教室、5時53分で止まった時計。凍りつく校舎の中、2ヵ月前の学園祭の最中に死んだ同級生のことを思い出す。でもその顔と名前がわからない。どうして忘れてしまったんだろう――。第31回メフィスト賞受賞作。

目次

  • フラッシュバック
  • 第一章 「初雪」
  • 第二章 「きっかけの日」
  • 第三章 「女友達」
  • 第四章 「事件当日」
  • 第五章 「おばけなんてないさ」
  • 第六章 「明るい絶望」
  • 第七章 「消えた一人」
  • 第八章 「ガラスの森」
  • 第九章 「暗闇から手をのばせ」

製品情報

製品名 冷たい校舎の時は止まる(上)
著者名 著:辻村 深月
発売日 2007年08月10日
価格 定価 : 本体850円(税別)
ISBN 978-4-06-275822-2
判型 A6
ページ数 608ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2004年6月~8月、小社よりノベルスとして刊行された作品を上下巻にした上巻。

オンライン書店で見る