あしたはアルプスを歩こう

講談社文庫
アシタハアルプスヲアルコウ
  • 電子あり
あしたはアルプスを歩こう
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

歩くことは書くことと似ている。
登山経験ゼロで挑んだトレッキング紀行

なんかへんだ。雪が積もりすぎているのである。視界は白く染まり、風に飛ばされそうになりながら、標高2320メートルの小屋に駆けこんだ。――トレッキングをピクニックと取り違え、いつもの旅のつもりでイタリア・アルプスの雪山に挑んでしまった作家が見たものは? 自然への深い感動を呼ぶ傑作紀行。

目次

  • はじめに─イタリアの記憶
  • 第1章 出会い─コルティナ
  • 第2章 岩の宇宙─トレ・チーメ
  • 第3章 大滝のある渓谷─フェラータへの挑戦
  • 第4章 羊飼いたちの村─アグリツーリズモ
  • 第5章 十字架のある頂上─サッソ・ディ・ストリア
  • 第6章 ドロミテの女王─マルモラーダ
  • 第7章 さようならドロミテ
  • おわりに─ありがとうをいくつか
  • 文庫版あとがき

製品情報

製品名 あしたはアルプスを歩こう
著者名 著:角田 光代
発売日 2007年07月13日
価格 定価 : 本体400円(税別)
ISBN 978-4-06-275782-9
判型 A6
ページ数 160ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 『あしたはドロミテを歩こう イタリア・アルプス・トレッキング』として、’04年7月に岩波書店より刊行。

オンライン書店で見る