卵のふわふわ 八丁堀喰い物草紙・江戸前でもなし

講談社文庫
タマゴノフワフワハッチョウボリクイモノゾウシエドマエデモナシ
卵のふわふわ 八丁堀喰い物草紙・江戸前でもなし
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

江戸に拡がる暖かい煮炊きの煙
人はね、当たり前のことがおもしろくないんだよ。裏返しや逆さまが好きなのさ――

のぶちゃん、何かうまいもん作っておくれよ――。夫との心のすれ違いに悩むのぶをいつも扶(たす)けてくれるのは、喰い道楽で心優しい舅、忠右衛門だった。はかない「淡雪豆腐」、蓋を開けりゃ、埒もないことの方が多い「黄身返し卵」。忠右衛門の「喰い物覚え帖」は、江戸を彩る食べ物と、温かい人の心を映し出す。

「読み進むほどにページを繰るのが早くならずにはいられない小説がある。この小説もそうだった」――塩田丸男(解説より)

製品情報

製品名 卵のふわふわ 八丁堀喰い物草紙・江戸前でもなし
著者名 著:宇江佐 真理
発売日 2007年07月13日
価格 定価 : 本体600円(税別)
ISBN 978-4-06-275779-9
判型 A6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 ’04年7月、小社より単行本として刊行。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス