劫火(4) 激突

講談社文庫
ゴウカ4ゲキトツ
  • 電子あり
劫火(4) 激突
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

明らかになる「秩父日召(ちちぶにっしょう)」の正体と目的。都庁はテロリストに占拠され、アクアラインに核爆弾が――。秩父日召率いる極右集団が雇った“傷(ラーナ)”たちテロリストが、都庁を占拠した。敵の作戦の全貌を掴んだオダケンたちは銀次、一徹の合流を待ちつつ、東京に持ち込まれた核爆弾の在り処を探るため都庁に潜り込み、対決に挑む。著者渾身の2800枚大長篇、オダケンシリーズここに完結。(講談社文庫)


第24回日本冒険小説協会大賞受賞作
怒涛の4ヵ月連続文庫化 驚愕のラストに瞠目せよ!

東京陥落! 闘え、サムライ
明らかになる「秩父日召(ちちぶにっしょう)」の正体と目的
都庁はテロリストに占拠され、アクアラインに核爆弾が――

秩父日召率いる極右集団が雇った“傷(ラーナ)”たちテロリストが、都庁を占拠した。敵の作戦の全貌を掴んだオダケンたちは銀次、一徹の合流を待ちつつ、東京に持ち込まれた核爆弾の在り処を探るため都庁に潜り込み、対決に挑む。著者渾身の2800枚大長篇、オダケンシリーズここに完結。

製品情報

製品名 劫火(4) 激突
著者名 著:西村 健
発売日 2007年04月13日
価格 定価 : 本体1,000円(税別)
ISBN 978-4-06-275706-5
判型 A6
ページ数 736ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 講談社ノベルスより’05年12月に刊行された『劫火(上)』、’06年1月に刊行された『劫火(下)』を全面改編し、四分冊した第四巻。

オンライン書店で見る