中国の歴史 近・現代篇(二)

講談社文庫
チュウゴクノレキシキンゲンダイヘン
  • 電子あり
中国の歴史 近・現代篇(二)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

現代中国を知る上でも必読の史書 第二巻
黎明に燃ゆ(辛亥革命)/大同の夢(民国誕生)

秋瑾、黄興ら幾多の蜂起失敗を乗り越え、三民主義を唱えた孫文は、辛亥革命への道を切り拓いていく。

恵州蜂起、蘇報事件など蜂起は幾度も潰(つい)えたが、革命の花秋瑾(しゅうきん)ら留学生が先導し、湖南の黄興(こうこう)、浙江(せっこう)の章炳麟(しょうへいりん)らを核として革命の火勢は増した。孫文は三民主義を唱え、大同の夢を語る。光緒帝(こうしょてい)、西太后が崩じ、武昌(ぶしょう)での蜂起成功以後「光復(こうふく)」の燎火は全土に。民国臨時政府は産声を上げた。中国近代史の精華〈全二巻〉。

目次

  • 黎明に燃ゆ 辛亥革命
  • 秋家の娘
  • 暗殺と立憲
  • 教育熱
  • 文化遺産
  • 国学大師
  • 浙江潮
  • ヘーグ密使事件後
  • 政聞社前後
  • 蜂起の季節
  • 政潮
  • 幼帝登極
  • 大同の夢 民国誕生
  • 蜂起か暗殺か
  • 黄花岡の烈士
  • 文学社と共進会
  • 争路の嵐
  • 首義のまち
  • 相つぐ光復
  • 北の風雨
  • 和議への道
  • 南北和議
  • 新しい暦
  • 王朝の終焉
  • 五色旗の下で
  • 参考年表

製品情報

製品名 中国の歴史 近・現代篇(二)
著者名 著:陳 舜臣
発売日 2007年04月13日
価格 定価 : 本体857円(税別)
ISBN 978-4-06-275704-1
判型 A6
ページ数 640ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書の初刊本は『中国の歴史 近・現代篇3 黎明に燃ゆ』(’88年5月平凡社刊)および『中国の歴史 近・現代篇4 大同の夢』(’91年7月平凡社刊)。また『陳舜臣中国ライブラリー第五巻』(’01年2月集英社刊)にも収録。本書は集英社版を底本にしているが、本文図版・写真は平凡社版に拠る。

関連シリーズ

オンライン書店で見る