源氏物語 巻三

講談社文庫
ゲンジモノガタリマキサン
  • 電子あり
源氏物語 巻三
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

帝の寵姫(ちょうき)・朧月夜の君との逢瀬がもとで謀反の咎めを受け、須磨へと都落ちする光源氏。わびしい流謫(るたく)の地で生まれて初めて挫折を味わうが、やがて明石の君と出会い……。帰京後は、藤壺の中宮との不義の子・冷泉(れいぜい)帝が即位。栄華の絶頂へと上り詰めて行く。


文化勲章受章記念
美しい現代語ですらすら読める 華麗なる王朝絵巻
人生の激しい浮き沈みが心を揺さぶる第三巻

帝の寵姫(ちょうき)・朧月夜の君との逢瀬がもとで謀反の咎めを受け、須磨へと都落ちする光源氏。わびしい流謫(るたく)の地で生まれて初めて挫折を味わうが、やがて明石の君と出会い……。帰京後は、藤壺の中宮との不義の子・冷泉(れいぜい)帝が即位。栄華の絶頂へと上り詰めて行く。

製品情報

製品名 源氏物語 巻三
著者名 訳:瀬戸内 寂聴
発売日 2007年03月15日
価格 定価 : 本体690円(税別)
ISBN 978-4-06-275675-4
判型 A6
ページ数 392ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2001年11月、小社より刊行された『源氏物語<新装版>巻三』を底本とした。

オンライン書店で見る