新装版 忍びの女(上)

講談社文庫
シンソウバンシノビノオンナジョウ
  • 電子あり
新装版 忍びの女(上)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

豊臣家の猛臣・福島正則と徳川方の女忍者・小たま
野望と愛 戦国の世に生きた男と女の息詰まるドラマを描く 池波正太郎の傑作長編

豊臣家の猛将・福島正則の前に現れた徳川方の女忍者・小たまは、正則を籠絡し、巧みに城内に入り込んだ。探索をはじめた小たまは、武辺一方の正則を次第に愛しく想うようになる。豊臣秀吉亡き後、諸大名は自らの野望を抱き覇権をめぐる戦いは必至。ついには関ヶ原での天下を分ける決戦へと向かうのだった。

目次

  • 女の肌身
  • 朝 靄
  • 足袋師の娘
  • 風 雲
  • 甲賀・伴忍び
  • 争 乱
  • 石田屋敷
  • 弥五兵衛と権左
  • 岩根小五郎
  • 煮つまった事
  • 三成帰国
  • 清正と正則
  • 清洲の夏
  • 慶長五年
  • 戦さ忍び
  • その前夜

製品情報

製品名 新装版 忍びの女(上)
著者名 著:池波 正太郎
発売日 2007年01月16日
価格 定価 : 本体820円(税別)
ISBN 978-4-06-275605-1
判型 A6
ページ数 456ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 底本:『完本池波正太郎大成17雲霧仁佐衛門 忍びの女』(’00年2月小社刊)

オンライン書店で見る