老いること暮らすこと

講談社文庫
オイルコトクラスコト
  • 電子あり
老いること暮らすこと
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

90を越えている母の在宅介護、体力に不安を感じながらの孫のお守り。老いとは七面倒なものだと思いながら、少しずつ甘受する。年を重ねて心に浮かぶのは、よくもここまで生き延びて来たものだという感謝である。主婦業をこなしながらもの書き仕事を続け、活躍し続けるベストセラー作家の興味深い日常。


親の介護に孫のお守り 年を重ねて思うのは

90を越えている母の在宅介護、体力に不安を感じながらの孫のお守り。老いとは七面倒なものだと思いながら、少しずつ甘受する。年を重ねて心に浮かぶのは、よくもここまで生き延びて来たものだという感謝である。主婦業をこなしながらもの書き仕事を続け、活躍し続けるベストセラー作家の興味深い日常。

目次

  • 老人と骨折
  • いくつになっても母は母
  • 地中海でのずる休み
  • 秋晴れ
  • 横浜ニューグランドホテル
  • あたふた人生
  • 林家彦六さんのこと
  • 天王寺舞楽
  • 相良を歩く
  • 神様が下さった休暇
  • 山の秋
  • 中仙道の旅
  • 明日は明日の風が吹く
  • 殺 生
  • 飛鳥初詣クルーズ
  • 花との出会い
  • 老人としての認識
  • へんてこりんな話
  • 想い出は遠く
  • 小千谷市にて
  • 「芸能花舞台」から
  • ヘボンと明治学院前
  • 播州網干の祭
  • 古稀の年
  • 遠くなった時代
  • 命の終り
  • 浅羽町にて
  • 代々木八幡宮の金魚まつり
  • 代々木公園にて
  • 荒家改築騒動録
  • あとがき

製品情報

製品名 老いること暮らすこと
著者名 著:平岩 弓枝
発売日 2006年12月15日
価格 定価 : 本体419円(税別)
ISBN 978-4-06-275595-5
判型 A6
ページ数 200ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 『大衆文芸』’00年5月号・6月号~’03年10月号。’03年12月、小社より単行本として刊行。

オンライン書店で見る