刻謎宮(4) 登天篇

講談社文庫
トキメイキュウ4トウテンヘン
  • 電子あり
刻謎宮(4) 登天篇
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

大林宣彦監督も絶賛「超大作が4本分!」

歴史を歪めてまで、坂本龍馬が追い求める夢とは。歴史を修復するため、幾多の難敵を斬り続ける沖田総司の正義とは――。両者の無念が、その魂に時空を超えさせたのか。夢を追う龍馬は味方に裏切られて孤立し、正義を追う総司のもとには続々と仲間たちが集まる。高橋幻想ロマンの最高傑作、感動のラストへ。

目次

  • 掃鬼の章
  • 登天の章

製品情報

製品名 刻謎宮(4) 登天篇
著者名 著:高橋 克彦
発売日 2006年11月15日
価格 定価 : 本体695円(税別)
ISBN 978-4-06-275580-1
判型 A6
ページ数 416ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は、徳間文庫として1997年10月に刊行された『刻謎宮』、2002年4月に刊行された『刻謎宮2(上)(下)』を4分冊した第4巻。

オンライン書店で見る