四季 冬 Black Winter

講談社文庫
シキフユブラックウィンター
  • 電子あり
四季 冬 Black Winter
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

生と死そして時間。
すべてを超越し存在する、四季。
天才の成熟と到達。「四季」4部作、美しき完結編。

「それでも、人は、類型の中に夢を見ることが可能です」四季はそう言った。生も死も、時間という概念をも自らの中で解体し再構築し、新たな価値を与える彼女。超然とありつづけながら、成熟する天才の内面を、ある殺人事件を通して描く。作者の1つの到達点であり新たな作品世界の入口ともなる、4部作完結編。

目次

  • プロローグ
  • 第1章 白い部屋
  • 第2章 黒い部屋
  • 第3章 赤い部屋
  • 第4章 青い部屋
  • エピローグ
  • 『四季 冬』を読んで

製品情報

製品名 四季 冬 Black Winter
著者名 著:森 博嗣
発売日 2006年12月15日
価格 定価 : 本体590円(税別)
ISBN 978-4-06-275571-9
判型 A6
ページ数 280ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2004年3月刊の講談社ノベルス版を底本する。

オンライン書店で見る