奇偶(上)

講談社文庫
キグウ
  • 電子あり
奇偶(上)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「神は骰子を振らない」ならば全ては必然だというのか。奇妙な偶然の連鎖の果てに起こった原発事故を皮切りに「偶然」に翻弄される推理作家・火渡雅。太極柄ネクタイの男の事故死と現場での怪しい人影を目撃した後、片方の視力を失うが。思想と思索に満ちた知の書であり、不安と不穏を描き出した傑作。『黒死館殺人事件』『ドグラ・マグラ』『虚無への供物』『匣の中の失楽』日本推理小説界の4大奇書に連なる第5の奇書!


『黒死館殺人事件』『ドグラ・マグラ』『虚無への供物』『匣の中の失楽』
日本推理小説界の4大奇書に連なる第5の奇書!

「神は骰子(さいころ)を振らない」ならば全ては必然だというのか。奇妙な偶然の連鎖の果てに起こった原発事故を皮切りに「偶然」に翻弄される推理作家・火渡雅(ひわたりみやび)。太極柄ネクタイの男の事故死と現場での怪しい人影を目撃した後、片方の視力を失うが……。思想と思索に満ちた知の書であり、不安と不穏を描き出した傑作。

目次

  • 奇偶

製品情報

製品名 奇偶(上)
著者名 著:山口 雅也
発売日 2006年10月13日
価格 定価 : 本体752円(税別)
ISBN 978-4-06-275544-3
判型 A6
ページ数 512ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2002年10月に小社より単行本として刊行。2005年9月にノベルス化。

オンライン書店で見る