刻謎宮(1) 彷徨篇

講談社文庫
トキメイキュウ1ホウコウヘン
  • 電子あり
刻謎宮(1) 彷徨篇
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ギリシァ神話×明治維新 夢のコラボ大河ロマン

ミケーネ遺跡の王墓を発掘中にシュリーマンが目にしたもの――それは12年前に幕末の横浜で、自らが勝海舟に贈った金時計だった。歴史を歪めた“犯人”を探るため、“管理センター”は新選組の沖田総司を蘇生させ、古代ギリシァに向かわせた。ギリシァ神話と明治維新、奇跡のコラボレーション・ファンタジー。

目次

  • 発端の章
  • 復活の章
  • 降魔の章
  • 魔殿の章
  • 冥界の章

製品情報

製品名 刻謎宮(1) 彷徨篇
著者名 著:高橋 克彦
発売日 2006年10月13日
価格 定価 : 本体733円(税別)
ISBN 978-4-06-275535-1
判型 A6
ページ数 488ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は、徳間文庫として1997年10月に刊行された『刻謎宮』、2002年4月に刊行された『刻謎宮2(上)(下)』を4分冊した第1巻。

オンライン書店で見る