最高の子

講談社文庫
サイコウノコウシゴヤトボクトダイトウリョウ
最高の子
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

大統領が君(FIRST BOY)を待っている。

64頭の牛の世話とクロスカントリーの練習に忙しい平凡な少年・クーパーのもとに、予備選出馬を表明している上院議員が現れた。ある重大な秘密を持って。

牛の乳搾りや畑仕事を手伝いながら学校に通うクーパーは、祖父と2人住まい。生活は楽ではないが、友人たちに支えられて暮らしていた。だが、祖父の急死後、「両親の名前」が修整された出生記録が見つかる。翌日現れた上院議員はクーパーが大統領の隠し子だと主張するが。政争に巻き込まれた14歳の冒険。

「あなたは本当に大統領の息子なのですか?」
記者たちのマイクが向けられた。
「おれはクーパー・ジューエットです。クロカンの優秀な選手で、いい友だちがいて、運転の腕はまあまあ。それから……」
――彼がホワイトハウスを動かすなんてありうるだろうか?

製品情報

製品名 最高の子
著者名 著:ゲイリー・シュミット 訳:上野 元美
発売日 2006年10月13日
価格 定価 : 本体619円(税別)
ISBN 978-4-06-275533-7
判型 A6
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社文庫