天使と罪の街(下)

講談社文庫
テンシトツミノマチゲ
  • 電子あり
天使と罪の街(下)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

殺人鬼が牙を剥く巧妙かつ緻密に張り巡らせた恐るべき悪の罠ボッシュとFBI捜査官が殺人犯と対峙する私立探偵ボッシュとFBI捜査官レイチェルは“詩人(ポエット)”こと連続殺人犯の跡を追う。ラスヴェガス、ネヴァダ州の売春街、そしてロサンジェルス。追っ手をあざ笑うかのように捜査を撹乱する犯人。用意周到に計画された、その恐るべき企みとは? 現代ハードボイルドの第一人者コナリーが描く壮大なサスペンス。


殺人鬼が牙を剥く
巧妙かつ緻密に張り巡らせた恐るべき悪の罠
ボッシュとFBI捜査官が殺人犯と対峙する

私立探偵ボッシュとFBI捜査官レイチェルは“詩人(ポエット)”こと連続殺人犯の跡を追う。ラスヴェガス、ネヴァダ州の売春街、そしてロサンジェルス。追っ手をあざ笑うかのように捜査を撹乱する犯人。用意周到に計画された、その恐るべき企みとは? 現代ハードボイルドの第一人者コナリーが描く壮大なサスペンス。

製品情報

製品名 天使と罪の街(下)
著者名 著:マイクル・コナリー 訳:古沢 嘉通
発売日 2006年08月11日
価格 定価 : 本体695円(税別)
ISBN 978-4-06-275493-4
判型 A6
ページ数 344ページ
シリーズ 講談社文庫

オンライン書店で見る