大江戸開府四百年事情

講談社文庫
オオエドカイフヨンヒャクネンジジョウ
  • 電子あり
大江戸開府四百年事情
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

265年間――日本史上最長の単一政権を誇る江戸時代に、いかに庶民は暮らしたのか。なぜ江戸は当時の世界最大規模の都市でありえたのか。知られざる豊かな生活と文化、簡潔なる役人組織を、著者が収集した膨大な資料と図版から解説する。開府から400年たった現代だからこそ、江戸に学ぶべきことがある。(講談社文庫)


江戸時代に学び、いまの暮らし再生しよう。江戸幕府開府より四百年――。高速で変化する時代に学ぶべきことこそ、江戸にある。二百六十五年も続いた文化、世界に類を見ない巨大都市の謎に図解付きで迫る。

目次

第一章 徳川幕府の政治
1 江戸時代はなぜ長く続いたか
2 権ある者は禄少なく
3 分散処理の行政
4 市民革命が起きなかった社会

第二章 盛んになる農工商業
1 豊かになっていく
2 農工業の大発展
3 商業で豊かになる

第三章 江戸の暮らし
1 江戸の日常食
2 江戸の飲食店
3 江戸時代の結婚
4 江戸時代の離婚

第四章 江戸時代の多様性
1 良いことばかりはない
2 諸国の名産

第五章 江戸時代は二百六十五年続いた!
1 江戸時代から何を学べるか
2 江戸時代の行政から学べること

製品情報

製品名 大江戸開府四百年事情
著者名 著:石川 英輔
発売日 2006年07月14日
価格 定価 : 本体552円(税別)
ISBN 978-4-06-275442-2
判型 A6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 ’03年6月に単行本として、小社から刊行。

オンライン書店で見る