輝く日の宮

講談社文庫
カガヤクヒノミヤ
  • 電子あり
輝く日の宮
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

女性国文学者・杉安佐子は『源氏物語』には「輝く日の宮」という巻があったと考えていた。水を扱う会社に勤める長良との恋に悩みながら、安佐子は幻の一帖の謎を追い、研究者としても成長していく。文芸批評や翻訳など丸谷文学のエッセンスが注ぎ込まれ、章ごとに変わる文章のスタイルでも話題を呼んだ、傑作長編小説。(講談社文庫)


女ざかりの研究者が追う『源氏物語』幻の一帖。

女性国文学者・杉安佐子は『源氏物語』には「輝く日の宮」という巻があったと考えていた。水を扱う会社に勤める長良との恋に悩みながら、安佐子は幻の一帖の謎を追い、研究者としても成長していく。文芸批評や翻訳など丸谷文学のエッセンスが注ぎ込まれ、章ごとに変わる文章のスタイルでも話題を呼んだ、傑作長編小説。

製品情報

製品名 輝く日の宮
著者名 著:丸谷 才一
発売日 2006年06月15日
価格 定価 : 本体733円(税別)
ISBN 978-4-06-275434-7
判型 A6
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2003年6月、小社より単行本として刊行。

オンライン書店で見る