BT’63(上)

講談社文庫
ビーティー’63
  • 電子あり
BT’63(上)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

父が遺した謎の鍵を手にすると、大間木琢磨の視界に広がるのは、40年前の風景だった。若き日の父・史郎が体験した運送会社での新事業開発、秘められた恋……。だが、凶暴な深い闇が史郎に迫っていた。心を病み妻に去られた琢磨は自らの再生をかけ、現代に残る父の足跡を調べる――。父と息子の感動長編。


「物語」のすべてが Back To
現代から過去へ 父から息子へ
記憶の鍵 喪失と再生 崩壊する家庭

父が遺した謎の鍵を手にすると、大間木琢磨の視界に広がるのは、40年前の風景だった。若き日の父・史郎が体験した運送会社での新事業開発、秘められた恋……。だが、凶暴な深い闇が史郎に迫っていた。心を病み妻に去られた琢磨は自らの再生をかけ、現代に残る父の足跡を調べる――。父と息子の感動長編。

目次

  • 第一章 幻惑
  • 第二章 迷路
  • 第三章 秘密
  • 第四章 裏面
  • 第五章 オレンジ便

製品情報

製品名 BT’63(上)
著者名 著:池井戸 潤
発売日 2006年06月15日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-275413-2
判型 A6
ページ数 400ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 ’03年6月、朝日新聞社より刊行された『BT’63』を分冊した上巻

オンライン書店で見る