QED 竹取伝説

講談社文庫
キューイーディータケトリデンセツ
  • 電子あり
QED 竹取伝説
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

騙(かた)られた『竹取物語』 かぐや姫の正体とは!?

「鷹群(たかむら)山の笹姫(ささひめ)様は……滑って転んで裏庭の、竹の林で右目を突いて、橋のたもとに捨てられた」。不吉な手毬唄(てまりうた)が伝わる奥多摩の織部(おりべ)村で、まるで唄をなぞったような猟奇殺人事件が発生。ご存じ桑原崇が事件の謎を解きつつ、「かぐや姫」の正体と『竹取物語』に隠された真実に迫る。大好評シリーズ第6弾!

目次

  • プロローグ
  • 竹取の翁といふものありけり
  • いとうつくしうして居たり
  • はべりけむ身とも知らず
  • 翁、出でていはく
  • おはすらん人々に申給へ
  • なににかはせむ
  • 昇るとぞ言ひつたへたる
  • エピローグ

製品情報

製品名 QED 竹取伝説
著者名 著:高田 崇史
発売日 2006年03月15日
価格 定価 : 本体820円(税別)
ISBN 978-4-06-275347-0
判型 A6
ページ数 520ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2003年1月に講談社ノベルスとして刊行。

オンライン書店で見る