分冊文庫版 絡新婦の理(四)

講談社文庫
ブンサツブンコバンジョロウグモノコトワリ4
  • 電子あり
分冊文庫版 絡新婦の理(四)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

出来ることなら――もう終わりにしましょう。死人の数が多すぎる。ただ、僕はこれで真犯人の大計が阻止できるとも思ってはいない――。

「あなたが――蜘蛛だったのですね」。桜の森の満開の下に響く京極堂の声。いまや恐るべき大計は成就した。だが、何故にかくも累々たる骸が晒されねばならなかったのか。神代の昔から続く理を開顕した陰陽師の発する哀しい問いに「真犯人」の答えは……。古今未曾有、瞠目の構造(テクスト)を織り上げた京極文学の金字塔。

製品情報

製品名 分冊文庫版 絡新婦の理(四)
著者名 著:京極 夏彦
発売日 2006年02月15日
価格 定価 : 本体695円(税別)
ISBN 978-4-06-275317-3
判型 A6
ページ数 424ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 講談社ノベルス版『絡新婦の理』は’96年11月に刊行。『文庫版 絡新婦の理』は’02年9月に刊行。文庫版として出版するにあたり本文レイアウトに合わせて加筆・訂正を行い体裁の一部を変更。『分冊文庫版 絡新婦の理』の編集・組版にあたっては「文庫版」を底本に再度校訂。

オンライン書店で見る