リトル・バイ・リトル

講談社文庫
リトルバイリトル
  • 電子あり
リトル・バイ・リトル
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ふみは高校を卒業してから、アルバイトをして過ごす日々。家族は、母、小学校2年生の異父妹の女3人。習字の先生の柳さん、母に紹介されたボーイフレンドの周、2番目の父――。「家族」を軸にした人々とのふれあいのなかで、わずかずつ輪郭を帯びてゆく青春を描いた、第25回野間文芸新人賞受賞作。


第25回野間文芸新人賞受賞作品

わずかずつ、かすかな輪郭を帯びてゆく日々。

あれから私はどれくらい成長したのだろうとふいに疑わしい気持ちになって、その後にゆっくりと不安が押し寄せてきた。あのときよりも、もっとずっと前から時間の止まっている場所が自分の中にあるような気がした。

ふみは高校を卒業してから、アルバイトをして過ごす日々。家族は、母、小学校2年生の異父妹の女3人。習字の先生の柳さん、母に紹介されたボーイフレンドの周、2番目の父――。「家族」を軸にした人々とのふれあいのなかで、わずかずつ輪郭を帯びてゆく青春を描いた、第25回野間文芸新人賞受賞作。

目次

  • リトル・バイ・リトル
  • あとがき

製品情報

製品名 リトル・バイ・リトル
著者名 著:島本 理生
発売日 2006年01月13日
価格 定価 : 本体419円(税別)
ISBN 978-4-06-275295-4
判型 A6
ページ数 184ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2003年1月、小社より単行本として刊行。

オンライン書店で見る